JUST BLISS

カナダ・アメリカ留学、英語、奨学金、スタバ、NBAなどのお話。

カナダのスタバの基本情報まとめ【現役バリスタが教える】

f:id:glorykn-aug8:20200329060538p:plain

Hi!コロナの影響で仕事お休みが続いて暇で暇で仕方がない今日この頃みなさんいかがお過ごしでしょうか。

トロントのスタバでバリスタトレーナー(新人教育係)をやっているKokiです!

コロナの影響で時間がたっぷりあるので、今回から複数の記事に分けて、カナダのスタバでのオーダーやカスタマイズの事について書いていきたいと思います。

みなさんに有意義な情報を伝えられたらいいなと思います!

 

今回の記事ではカナダ(北米)のスタバに関する基本的な情報についてシェアしていきたいと思います!

もう知ってるよ!って方は次回のオーダーの仕方にスキップしてください笑

カナダのスタバで英語でスムーズにオーダーしよう!

カップのサイズ

まずはカナダのスタバのカップのサイズから説明していきます。

北米ではmlではなくoz(オンス)を使います。 

 Hot Drink/ホット

Short(236ml/8oz.)<Tall(354ml/12oz.)<Grande(473ml/16oz.)<Venti(709ml/20oz.) 

 Iced Drink/アイス

TallGrandeVentiTrenta(887ml/31oz.)

Trentaは日本にはない大きいやつですね!

基本的にカナダのスタバでsmallと頼んだらtall size、midiumと頼んだらgrande size、largeと頼んだらventi sizeが出てきます。

 

エスプレッソの種類

 Espresso/エスプレッソ

スタンダードなエスプレッソ

18-23秒くらいかけて抽出しています

 Blonde Espresso/ブロンドエスプレッソ

日本ではレギュラーメニューではありませんが北米では人気のレギュラーメニュー

普通のエスプレッソよりも少し甘みがありますが、カフェインの量は少し多めです

 Decaf Espresso/ディカフエスプレッソ

カフェインの量を減らしたエスプレッソです

普通のと比べると限りなくカフェインは少ないですが、ゼロではないです

 Ristretto/リストレット

これはエスプレッソの抽出の仕方の種類で、少ない水と少ない時間で抽出するため濃いめのエスプレッソができます

スタンダードメニューではFlat Whiteのみに使われています

 Long/ロング

こちらもエスプレッソの抽出の仕方の種類で、多めの水と名前の通り長い時間をかけて抽出するため、薄目のエスプレッソができます

 

 

ミルクの種類

レギュラーのミルクは2%ミルクですが、ミルクは変更可能(1インチ以上だと有料)です

Non dairy milkも用意されています

 Dairy

Nonfat Milk/無脂肪

1% Milk/1%脂肪 (Nonfatと2%半分ずつ)

2% Milk/2%脂肪

Whole Milk/3%脂肪

Heavy Cream/ヘビークリーム

Brave(Half & Half)/ハーフハンドハーフ

 Non dairy

Lactose-Free/ ラクトースフリー

Almond/アーモンド

Soy/ソイ

Coconut/ココナッツ

 

 

シロップ/ソースの種類

フレイバーを加えたいときはシロップやソースを加えることが出来ます

めちゃめちゃ種類があるのでバリスタ志望の方は最初は覚えるのが大変かもしれません笑

※太字は期間限定

 シロップ

Blossoming Rose Syrup/ブロッサミングローズ

Caramel Syrup/キャラメル

Chestnut Praline Syrup/チェスナッツプレリン

Cinnamon Dolce Syrup/シナモンドルチェ

Sugar-Free Cinnamon Dolce Syrup/シュガーフリーシナモンドルチェ

Classic Syrup/クラシック

Gingerbread Syrup/ジンジャーブレッド

Hazelnut Syrup/ヘーゼルナッツ

Peppermint Syrup/ペッパーミント

Raspberry Syrup/ラズベリー

Toffee Nut Syrup/トフィーナッツ

Vanilla Syrup/バニラ

Sugar-Free Vanilla Syrup/シュガーフリーバニラ

Irish Cream Syrup/アイリッシュクリーム

Honey Blend Syrup/ハニーブレンド

 

 ソース

Black Sesame Sauce/ブラックシーサム

Caramel Brule Sauce/キャラメルブリュレ

Caramel Sauce/キャラメル

Mocha Sauce/モカ

White Chocolate Mocha Sauce/ホワイトモカ

Pumpkin Spice Sauce/パンキンスパイス

Butterscotch Sauce/バタースコッチ 

 

 

エスプレッソとシロップの数

カップサイズによってエスプレッソショットの数シロップ/ソースのポンプ数が決まっています(例外あり)

  ショット シロップ/ソース
Short 1 2
Tall 1 3
Grande 2 4
Venti(Hot) 2 5
Venti(Iced) 3 6
Trenta   7

Trentaサイズはコーヒービバレッジには用意されてないのでショットは含まれていません。 

ちなみにBlonde Espressoに変更した場合はシロップとソースのポンプ数が-1されます(ショット自体が少し甘めなので)

カプチーノの場合もシロップとソースのポンプ数は-1されます。

(多分ですが泡が多くてミルク自体は少ないため)

またフラペチーノの場合はフラペチーノロースト(エスプレッソみたいなもの)とシロップとソースのポンプ数は同じで、Tall-Grande-Ventiがそれぞれ2-3-4になります。
(例外あり)

 

ドリンクの種類

最後に大まかにドリンクの種類を紹介していこうと思います!

f:id:glorykn-aug8:20200325044626p:plain

写真引用元:https://www.starbucks.ca/menu

Hot Coffees

Hot Coffeesは名前の通りホットのコーヒー系のドリンクになります。

Brewed Coffeeやエスプレッソベースのホットコーヒーがたくさんあります。 

 

Hot Teas

こちらも名前の通り、ホットのティー系のドリンクになります。

ティーバックを使ったBrewed Teaやティーラテなんかもあります。 

 

Hot Drinks

こちらは暖かいドリンクだけどコーヒーとか紅茶が入ってないドリンクです。

ホットチョコレートやホワイトホットチョコレート、アップルジュースを使ったドリンクなどがあります。

 

Frappuccino

日本でも大人気のフラペチーノですね。

エスプレッソベースとクリームベースを選択することができます。

いろいろカスタムすることで種類は無限大です! 

 

Cold Coffees

こちらはHot Coffeenのアイス版になります。

加えてCold Brewっていう水出しコーヒーなんかもあります。

Reserve StoreにしかないNitro Cold Brewはめっちゃ美味しいです! 

 

Cold Teas

冷たい紅茶系のドリンクになります。

ホットティーと違って、ピーチジュースやグワヴァジュース、レモネードなどを入れたりしてカスタマイズ出来るのが特徴になります。 

 

Cold Drinks

普通のコーヒーベースや紅茶ベースでもない冷たいドリンクになります。

この中の代表はやっぱりRefreshersというグリーンコーヒーから出来たドリンクです。

Mango Dragonfruit, Strawberry Acai, Very Berry Hibiscusをベースにして、レモネードやココナッツをカスタマイズしてオシャレなドリンクをオーダー出来ることができます。

 

www.starbucks.ca

もっと詳しくみたい方はホームページに写真付きで全部載っているのそちらを参考にしてみてください! 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はカナダのスタバのカップサイズやミルク、シロップのことなどについてまとめました!

もし今回の記事に関連して質問がある方はコメント残していってください!

次回の記事はカナダのスタバで英語でスムーズにオーダーしよう!はこちらから! 

コーヒーの飲み過ぎには注意!Bye!