JUST BLISS

カナダ・アメリカ留学、英語、奨学金、NBA、ATなどのお話。

カナダワーキングホリデーの準備 その3【必要な物】

f:id:glorykn-aug8:20190723092636j:plain

Hi!家探しが全くうまくいってなくてしょぼんとしている今日この頃みなさんいかがお過ごしでしょうか。

実はもうカナダに到着しています笑

これを書いている途中にカナダ入りして、最初の頃にバタバタしてたんでほったらかしになってました笑

今回はカナダワーキングホリデーの準備 その3【必要な物】になります!

これを読んでワーホリに行く予定の人は自分は何が必要か想像してみてください!

1億人に読んで欲しい記事はこちら!

 カナダワーホリ【必要な物系】

過去2記事でカナダワーホリの準備、書類・下調べ系について紹介しました。

そして今回はワーホリに必要な物や自分が特に準備したものを紹介していきます。 

   短期用simカード

まず短期用のsimカードはあったら便利です。

たしかにカナダはwifiが至る所にあるとはいえ、最初の数日はいつでもスマホで調べられる状態にあった方が安心です。

 

また、自分はカナダ到着初日に現地のsimカードを購入して早速カナダの番号を手に入れようと計画していて、一応Amazonで短期用のsim買ったけどいらなかったかなぁ〜と思っていましたが、実際はいろいろあって到着から3日後に現地のsimを手に入れたので買っておいて良かったです。

20日間 アメリカ・カナダで4G高速データ通信(5GB)を利用できます。  アメリカ、カナダ共に大手2通信会社でのWスタンバイです!

これが自分が買ったやつです!

2000円でLTEを5GB、20日間使うことができます。

空港に着いたらsimカードをさして、wifiに繋いでAPNをダウンロードすれば簡単に使うことができます!(これには本当に助かりました)

 

 Resume, CV作成

仕事探しをする場合は英文でのResume, CV(カバーレター)の準備が必要です。

現地で色々落ち着いてから作成するよりも日本で時間があるうちに作っておくと良いです!

 

ちなみに日本の履歴書と違ってなんでも好きなことをかけるので自分のスキルとか経験とかを全面に出していくといいかもしれません。

もちろん作る際はグーグルで「英文 履歴書」なんて調べたらいくらでも出てくるのでコピペしたり、そこからオリジナリティを出すと良いと思います。

 

自分が作成したやつはまだ職探しをしてないので実績がないため、載せるのはまだやめておきます笑

 

 化粧品・コンタクトなど

海外では購入しにくかったり、日本で買っていった方が楽な物はやっぱり準備しておくとベターです。

例えば自分の場合は、コンタクトとかはカナダでも買えますが日本で買った方が楽だしそんなに荷物にならないので先に1年分買いました。

 

また、アメリカ留学の時に大活躍した100均のレンジで米炊くやつとパスタを茹でるやつも、便利だし安いという理由で持っていきました!

パスタのやつは日本でも使っていましたがマジで便利です。

家帰って疲れていてもレンジに突っ込んで14分くらい待っている間にシャワー浴びれちゃいます!

 

 現金の準備

カード文化といえど、少しのキャッシュは持っていった方がいいです。

自分は100ドル分くらいをバンクーバーの空港で両替しました。

バンクーバーのTim Horton’s でコーヒー買った時に何故か日本のクレカが使えないというハプニングがあったのでキャッシュは少しは準備しておくと何かあった時に便利です。

 

また、自分は日本円を現金で持っていって、現地で両替(VBCEにて)して、現地で作った口座に全部入れました。

このやり方が海外送金とかwiserransferとかよりも1番手数料を抑えられる方法だと思います。

 

 持って行くもの【服、電子機器など】

あとは単純にスーツケースとかの持っていくものですね。

とりあえず自分が持っていった物を適当に並べていくと、

服、下着、靴下、パソコン、カメラ、延長コード、日本のお土産、箸、レンチングッズ、スキンケア、旅行用シャンプー類、歯磨き、本、スーツケース、バックパック、ボディバック、パスポート、財布、モバイルバッテリー

などでしょうか笑

本当に普通に必要な物しか持っていってないです!

 

 

 送ってもらう物系

あとは両親とかに頼めるなら、冬服は別でしばらくしてから送ってもらうのも1つの手としてあります。

夏にカナダ行くのに冬対策でめちゃめちゃ沢山冬服持っていっても着ないし、まず2つもスーツケース持ち歩いたりするのキツイですもんね。

なので分かる範囲で冬服を準備しておいて、送ってもらうと行きはスーツケース1つで行けます! (スーツケースで冬服を送ってもらえば、帰りは配送しなくてもそのまま2つで帰れる!)

 

 

 まとめ

今回はカナダワーキングホリデーの準備 その3【必要な物】について紹介しました。

その1【書類系】その2【下調べ系】をあわせて読めば自分が行ったカナダワーホリのための準備が全部把握出来ると思います!

 

もちろんこんだけ準備してても現地で色々と手こずったりしてます笑

なので十分思える以上に準備するのがベストだと思います!

次回からカナダワーホリでの出来事や重要イベントなどを書いていきたいと思います!

これから波乱のカナダ 生活が始まる!Bye!