JUST BLISS

カナダ・アメリカ留学、英語、奨学金、NBA、ATなどのお話。

八村塁選手のNBAドラフト、ウィザーズから1巡目9位はどれだけすごいの?

f:id:glorykn-aug8:20190621102730j:plain

Hi!バスケがしたくてうずうずしている今日この頃みなさんいかがお過ごしでしょうか。

2019年NBAドラフト見ましたでしょうか?

ついに八村塁選手が日本人で初めてドラフトで指名されてNBAでプレーすることになりました!

八村選手は1巡目9位でウィザーズに指名されましたが、それがどれだけ凄いのかについてバスケ初心者の方にも分かりやすいように説明していきます!

自分の応援しているチームについてはこちら

www.new-justbliss.com

 八村塁選手とは?

最近はバスケブームもあってか、八村塁選手の名前をよく聞くことがありましたが、どんな経歴があるのか少し紹介していきます。

 

八村塁

1998年2月8日生まれ

身長:204.5cm

体重:108kg

富山出身、父親がベナン人、母親が日本人

ポジション:SF/PF

  • 富山市立奥田中学校出身→全中準優勝
  • 明成高校出身→インハイ優勝、ウインターカップ3連覇
  • ゴンザガ大学出身→NCAAトーナメント準優勝、スウィート16、エリート8

Maui Invitational優勝(MVP)、オールWCC1stチーム(18,19)、ジュリアスアービング賞、日本代表(U-17, U-18, U-19, A代表)

 

という風に中学時代から素晴らしい成績をあげています。

ちなみに自分は仙台の高校出身で八村選手がいた明成高校と試合をしたことがありますが、ぼろ負けしました笑

 

高校卒業後は日本の大学へは行かずにNCAAに挑戦、見事に名門ゴンザガ大学に入学し、3年次にはエースとして活躍していました。

 

3年次はエリート8で負けてしまったものの、NCAAの年間最優秀SFに与えられるジュリアスアービング賞を受賞。

大学は卒業せずにアーリーエントリーで2019年のNBAドラフトにエントリーしました。

 

 

 NBAドラフトの仕組み

NBAドラフトの仕組みは意外とシンプル。

1巡目の4位までは昨シーズンの下位14チームによる抽選で決められ、5位以降は下位チームが順番に選ぶことになる。

※ただ、トレードなどでドラフト指名権を交換しあったりするチームもある

 

ドラフトされることができるのは19歳以上、高卒から1年以上というのが絶対条件で、その上で

・大学卒

・高卒から4年経過

・海外のプロでプレーした経験がある

のいずれかを満たして入れば、自動的に権利が与えられる。

 

また、今回の八村選手や他の有力選手のように、大学途中でもドラフトの60日前にエントリーすれば権利が与えられます。

 

 

 日本人初の快挙

まず、大前提としてドラフト1巡、2巡目でピックされるのは合計60人です。

その中でも1巡目の30人の中に入るのはとーーーーーーーーてつもなく凄いことです。

 

過去に日本人では岡山泰崇選手が1981年のドラフトでウォリアーズから8巡目10番目で指名を受けたが、当時はプロになるとオリンピックに出れないという決まりがあったため、NBAではプレーしませんでした。

 

ドラフト前に不思議な感じと少し緊張気味だった八村選手ですが、

www.asahi.com

今回、八村塁選手がドラフトで1巡目9位でウィザーズに指名されたことで、ドラフトでピックされてNBAでプレーする日本人第一号になります!!

 

 

 ドラフト1巡目9位って凄いの?

ここ数年のドラフトをみるとドラフト1巡目15位以内の選手から5人以上は100%の確率でその年のNBAオールルーキーチームに選ばれています。

 

ここ数年の9位近辺での有名なNBAオールルーキーチームに入った選手

2018年11位 シャイ・ギルゲオス=アレキサンダー(クリッパーズ)

2017年9位 デニス・スミス・ジュニア(ニックス)

2017年13位 ドノバン・ミッチェル(ジャズ)

2015年11位 マイルス・ターナー(ペイサーズ)

2015年13位 デビン・ブッカー(サンズ)

2014年13位 ザック・ラヴィーン(ブルズ)ルーキーオールスターMVP

2013年9位 トレイ・バーク(ニックス)

2013年11位 マイケル・カーター=ウィリアムズ(シクサーズ)ルーキーオブザイヤー

2013年15位 ヤニス・アンデトクンボ(バックス)

2012年9位 アンドレ・ドラモンド(ピストンズ)

2011年11位 クレイ・トンプソン(ウォリアーズ)

2011年15位 カワイ・レナード(ラプターズ)

2010年10位 ポール・ジョージ(サンダー)

2010年18位 エリック・ブレッドソー(バックス)

2008年9位 D・J・オーガスティン(マジック)

2008年10位 ブルック・ロペス(バックス)

2002年9位 アマレ・スタッダマイヤー(元サンズ)ルーキーオブザイヤー

1999年9位 ショーン・マリオン(元サンズ)

 

 

こんな感じですが、もうすごいメンツしかいないですね笑

 

オールルーキーチームには入ってないけど後々大活躍している9位指名の選手は

2011年9位 ケンバ・ウォーカー(ホーネッツ)

2010年9位 ゴードン・ヘイワード(セルティックス)

2009年9位 デマー・デローザン(スパーズ)

2007年9位 ジョアキム・ノア(グリズリーズ)

2004年9位 アンドレ・イグダーラ(ウォリアーズ)

1998年9位 ダーク・ノヴィツキー(元マーベリックス)

1997年9位 トレイシー・マグレディ(元ラプターズ)

などスター選手が並んでいます。

 

ただ、もちろんドラフトで指名された60人の中にも、あまり活躍できずに引退する選手やGリーグ(傘下)でずっとプレーする選手もいます。

 

逆もまた然りで、ドラフト20位台や2巡目でもそのあとの成長で活躍する選手も大勢いますし、ドラフト外の選手でもNBAで大活躍していたりします。

 

例えば

2016年ドラフト外 ヨギ・フェレル(キングス)オールルーキーチーム

2016年27位 パスカル・シアカム(ラプターズ)

2016年36位(2巡目) マルコム・ブログドン(バックス)ルーキーオブザイヤー

2014位41位(2巡目) ニコラ・ヨキッチ(ナゲッツ)オールルーキーチーム

2012年35位(2巡目) ドレイモンド・グリーン(ウォリアーズ)

2012年39位(2巡目) クリス・ミドルトン(バックス)

2007年48位(2巡目) マーク・ガソル(ラプターズ)オールルーキーチーム

2006年47位(2巡目) ポール・ミルサップ(ナゲッツ)オールルーキーチーム

などなど、下位でのピックでもNBAを代表するプレイヤーは沢山います。

 

つまりこのことから言えるのは、NBAドラフトで上位指名されることがゴールなのではなく、むしろそっからがスタートラインだということです。

 

もちろん、ドラフト1巡目指名は評価されているということなので、とても素晴らしいことですが!!!笑

 

 

 年棒は2億円以上

おまけに気になる年棒について。

www.nikkansports.com

先日、富樫選手がBリーグ初の1億円プレイヤーになったことが話題になっていましたが、NBAだともうルーキーでも1億円は普通に超えてきます。

 

昨年度のデータだと、ドラフト20位の選手以上ですでに18000ドル、つまり約2億円もらっているらしいです。

NBA Rookie Scale - RealGM

つまり、八村選手は年棒2億以上が確定ということでしょうか笑

今日のニュースによると最大年棒は4.9億円だそうです!

www.nikkansports.com

 

ちなみに現在、一番年棒が高いのはステフィン・カリーで年棒約40億です。

時給換算すると約45万ですね。もう言葉が出ません笑

 

お金が全てではないですが、それだけ評価されているということなので素晴らしいですね!

 

 

 まとめ

今回は八村塁選手の2019年ドラフト1巡目9位指名について紹介しました!

ウィザーズの一員として今シーズンからプレーすることになった八村選手の今後の活躍が楽しみで仕方がないですね!!

 

もちろん自分の推しはバックスですが、八村選手のことも応援していきます!

昨シーズンからグリズリーズで2way契約でプレーしてる渡邊雄太選手も、もちろん応援してますよ!!!

NBAを見始めるならもうこのタイミングしかないですね笑

www.new-justbliss.com

Rakuten TVでみんなもバスケ見まくりましょう!

来シーズンのNBAがもう待ちきれないですね!Bye!