JUST BLISS

カナダ・アメリカ留学、英語、奨学金、NBA、ATなどのお話。

仕事探しにGoogle for Jobsを使おう!【カナダワーホリ】

f:id:glorykn-aug8:20190821083036j:plain

Hi!オフのまったりした時間を楽しみつつせっせと執筆活動をしている今日この頃みなさんいかがお過ごしでしょうか。

今回は前回のトロントで仕事探しする時に大事なことの記事でちょこっと紹介したGoogle for Jobsについてシェアしていきます。

この求人検索機能はとてもとても便利なので、カナダにワーキングホリデーで来ていて、ローカルな仕事が欲しい方は是非利用してみると良いと思います!

関連記事はコチラ!

 Google for Jobsとは?

Google for JobsとはGoogleが提供している求人情報に特化した検索機能になります。

日本語だと「Google しごと検索」らしいです。ちょっとカワイイですね笑

japan.googleblog.com

2017年にアメリカでリリースされて、日本でも2019年1月に導入されたらしいです。

 

他サイトに求人を載せている企業や求人サイトが構造化データの実装(ソースに書き込む)をすることにより、Google for Jobsに掲載することができるみたいです。

 

企業の求人ページとかIndeed, Craigslist, Kijijiなどの他の求人サイトも全部まとめて見れるので、Google for Jobsを利用することによって、様々なサイトでそれぞれ検索かけたりしないで、いっぺんに見ることができるという便利な検索機能です。

 

まぁ、仕組みとかは別に良いので(てか自分もあんま知らない笑)、実際にどうやって使って行くのかを紹介していきます。

 

 

 使い方【とても簡単!】

使い方は至って簡単です!

まずGoogle for Jobsと検索します。

f:id:glorykn-aug8:20190821081322p:plain

そうすると青く囲まれたところに求人情報が出て来るので、求人をクリックします。

f:id:glorykn-aug8:20190821081217p:plain

そしたらGoogle for Jobsのページに移動して、沢山の求人情報が出て来ます。 あとは検索したり、条件でフィルターをかけて自分に合った仕事を絞っていくだけです!

 

 

 フィルターの使い方

もちろんGoogleが提供してる機能なのでフィルターの使い方もシンプルです!

 職種を検索またはカテゴリを絞る

まずは、検索欄から自分の探している職種を検索するか、カテゴリから選択します。

今回は例としてserverと検索してみます。

f:id:glorykn-aug8:20190821081433p:plain

検索をかけると、ずらーーーーーとめちゃめちゃ沢山のserverの求人が出てきます。

最初は地域とか投稿日が「指定なし」とか「すべて」で出てくるので、その辺もフィルターをかけて絞っていきます。

 

 地域を選択する

地域をクリックすると自分の現在地から2km〜300kmまで選択できます。

f:id:glorykn-aug8:20190821081621p:plain

もちろん誰も300km先の職場で働きたくないと思うので、2kmか10kmを選択するのが良いと思います。

 

 投稿日を選択する

続いては投稿日です。

そのままだとかなり昔の投稿とかもあって、恐らくもう採用が決まったりしているのでそれらも除くためにできるだけ最近の投稿に絞ります。

f:id:glorykn-aug8:20190821081714p:plain

自分は24時間以内か3日以内のにしていました。

24時間以内にして毎日チェックすることで、他の応募者よりも早く応募することができます。

 

 形態を選択する

続いて、どの形態での契約がいいかを選択します。

f:id:glorykn-aug8:20190821081808p:plain

まぁ、serverの場合はほとんどフルタイムかパートタイムしかないので自分の場合はいじりませんでしたが、パートタイム希望の場合はパートタイムを選択して絞っていきましょう。

 

 企業を選択する

もし特定の企業で働きたい!という願望がいいのであれば企業を選択しましょう。

f:id:glorykn-aug8:20190821081533p:plain

ただ、そこまでpickyになってたら仕事は手に入らないかもしれないので、自分は別に絞ったりはしませんでした。

 

 

 応募する

こんな感じで絞っていって、自分に合った求人を探していきましょう。

例えば、barista希望であれば

「baristaで検索」「10km以内」「3日以内の投稿」

で絞ると自分の現在地と日にちだと以下の検索結果になります。

f:id:glorykn-aug8:20190821082323p:plain

 

そして、フルタイムかパートタイムかの確認や、仕事内容を確認して応募することになります。

(マクドナルドの店員がバリスタと呼べるかというのは疑問ですが笑)

 

応募のタイプはいろいろあって

 メールでレジュメを送る(アドレスが載っている)

 その企業のページから応募

 他の求人サイトに移動して応募(アカウント作成が必要かも)

などがあります。

 

自分はこのGoogle for Jobsで検索かけて、そのあとにその企業のウェブサイトや評判などを調べてから応募していました。

応募はあまりにも簡単にできるため、何十件も応募することにのでしっかりと自分がどの企業のどこの店舗に応募したのか把握できるようにエクセルとかで管理しましょう!

 

そして、前回の記事で書いたように応募してから数日後にfollow upの電話を入れるのを忘れずに!!

あとは面接の練習も!

 

 

 まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はカナダにワーキングホリデーに来ている方に仕事探し際に是非使って欲しい「Google for Jobs」について紹介しました。

e-Mapleとかの投稿はこちらに掲載されないみたいなので、とりあえず手っ取り早く仕事が欲しい方やまかないで日本食が食べたいからジャパレスに応募したい方は、e-Mapleをチェックしたり、walk-inしてレジュメを配る方が効率がいいと思います!

仕事探しの際に是非このGoogle for Jobsを活用してみてください!Bye!