JUST BLISS

カナダ・アメリカ留学、英語、奨学金、NBA、ATなどのお話。

カナダの携帯事情【3大携帯会社・MVNO・契約プラン】

f:id:glorykn-aug8:20190728135320j:plain

Hi!公園でブログを書くっていうのもなかなか気持ちがいいなぁと思う今日この頃みなさんいかがお過ごしでしょうか。

トロントでついにダウンタウンの割と近くの部屋を契約したのですが、家の目の前に大きな公園があってまったりできて最高です。

 

今回はカナダでの携帯事情について。

自分もカナダに行く前に色々と下調べをしましたが、やっぱり現地で色々と聞いてみないとわからないことだらけですよね笑

なので、今回は簡単にカナダの携帯事情について簡単に説明し、次回は自分が何故Koodo mobileのSIMカードを購入して利用しているのか、購入方法使い心地などについてシェアしていこうと思います!

関連記事はこちら!

 カナダの携帯会社

まず、カナダの携帯会社について説明していきます。

 大携帯会社

日本のドコモ、au、ソフトバンクと同じようにカナダにも3大携帯会社があります。

 Rogers (カナダNo.1)

 Telus (カナダNo.2)

 Bell (カナダNo.3)

の3つになります。

この3大会社はサービスの質もプランも充実していますが、やはり高いです。

 

 大手サブブランド

また日本だと大手会社回線を使って

・ドコモ回線→IIjmio、LINEモバイル、楽天モバイル

・au回線→UQモバイル、IIjmio、LINEモバイル

・ソフトバンク回線→Y!mobile、LINEモバイル、H.I.S. モバイル

などのMVNOがあるように、カナダにもそれぞれの大手にサブブランドが存在します。

 

 Rogersのサブブランド→fido

 Telusのサブブランド→Koodo Mobile

 Bellのサブブランド→Virgin Mobile

それぞれ大手の通信網を利用していてLTEを利用可能だが接続範囲が主要都市に限られていたりします。

主要都市であれば問題ないかもしれませんが、準州では繋がりにくい可能性もあります。

 

もちろん、範囲を狭めている分、料金は大手のプランよりもとても安いのが大きな特徴です。

 

 さらにサブブランド

そして、カナダにはさらにその子会社みたいな会社があり、プリペイド専門ブランド超格安プランを出しています。

 fidoのサブ→chatr MOBILE

 Koodo mobileのサブ→Public MOBILE

 Virgin Mobileのサブ→Lucky mobile

 

プリペイドなのでクレジットチェック無しで利用できますし、大容量を超格安で利用できますが、基本的には3Gのみの通信になるのでご注意ください。

基本的にWifi使うから容量いらないっていう方はこれらの格安SIMがオススメかもしれません。

 

Public Mobileなんかはトロントの地下鉄のホームにめちゃめちゃ広告が貼られていますね笑

 

 

 カナダの携帯契約の方法

カナダでは各会社のSIMを購入して利用するには主に3つの方法があります。

 2年契約プラン(Contract)

これはいわゆる日本と同じような方法になります。

2年の契約をする代わりに端末がとても安く手に入ったり無料で手に入ったりデータも無制限だったりしますが、2年以内に解約すると違約金が発生したりします。

 

また、カナダやアメリカではContractの場合、クレジットチェックがあったりします。 クレジットチェックというのは個人の信用度合いみたいなもので、過去の支払いなんかをチェックしてこの人は過去に支払いを滞納したりしていないかを調べられます。

これはクレジットカードを作るときも一緒でクレジットヒストリーはとても重要になってきます。

また、ワーホリで初めてカナダに来た人なんかはカナダでのクレジットヒストリーが無いということなので、信頼度は低くなり携帯の契約は難しいかもしれません。

 

どちらにしろ、ワーホリの場合は1年だけしかカナダにいない場合の方が多いと思うので、この選択肢は選ぶ人は少ないと思います。

 

 1ヶ月プラン(Monthly plan/ポストペイド)

これは1ヶ月ごとに支払いをしていくプランで契約(contract)ではありません。

No contractとか書かれていたりします。

 

クレジットチェックが無いので、誰でもこのプランを利用することができます。

ただ、注意しないといけないのはプランの容量を超えると勝手に超過料金が請求されます。

Contractの方だとデータ無制限だったりして、データ容量を気にしなくてもよかったりしますが、Monthly planだとまず自分で1ヶ月の容量を選択します。

そして、1ヶ月のうちにその容量を知らぬ間に超えてしまった場合は、その分さらに請求がかかります。

超過分のデータ通信は100MB/$10だったりとめちゃめちゃ高いです。

(Koodo mobileはデータ通信が超える前に知らせてくれるサービスあり!)

 

また、支払いにはクレジットカードが使えるのですが、カナダで発行されたクレジットカードしか使えなかったりします。

Koodo mobileがそうなんですが、スタッフによるとどこの携帯会社もそんな感じとのこと (自分の場合はカナダの銀行の口座から引き落としにしています)

 

 プリペイドプラン(Pre-paid)

プリペイドプランはその名の通り、先払いのプランで支払った分のデータを月に使うとデータ通信ができなくなります

ですので、先ほどのMonthly planみたいに知らぬ間にデータ容量をオーバーして超過料金を支払う心配がありません。

 

プリペイドをチャージする際はiTunesカードみたいなプリペイドカードを買ってチャージするか、クレジットカードでもチャージはできますが、こちらもインターナショナルのクレカは使えないかもしれません(Public mobileがそうらしい)

 

 

 SIMカードの購入方法

SIMカードの購入方法はそれぞれの会社で色々と変わって来ますが、主には

・それぞれの店舗で買う

・モールとかのブースで買う

・色々扱っている携帯ショップで買う

・ドラッグストア、コンビニで買う

・オンラインで買う

などがあります。

 

オンラインストアで買った方が初期費用が抑えられたりしますが、郵送でSIMカードが送られてくるため即日で使える訳ではありません。

また、恐らくカナダ発行のクレカ/デビットカードを持ってないと買えないかもしれません。

 

カナダに行く前に日本で用意できるプランなんかもあったりしますが、割高になっている可能性もあるのでお気をつけください!

 

個人的にはモールに行けばいろんな店舗のブースがあるので質問したりとか比較したりできるのでお勧めです!

 

一応自分が購入した方法は

渡航前に短期用のSIMカードを買って、3日間くらいはそれで耐えて、銀行口座を開設してからモールのKoodo mobileのブースでSIMを購入して利用しています。

20日間 アメリカ・カナダで4G高速データ通信(5GB)を利用できます。  アメリカ、カナダ共に大手2通信会社でのWスタンバイです!

短期用のSIMはこれが自分が買ったやつです!

 

 

 まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はカナダの携帯事情を簡単に説明しました!

そして自分は数ある会社の中からKoodo mobileを選んだので、その理由と手順、使い心地なんかを次回シェアしていこうと思います!

 

 

あとこんな記事を書いておいてあれですが、他のこういうことを紹介しているブログやこの記事もそうですが、もし実際に購入する場合は、全部を鵜呑みにせずに自分でホームページにいって調べることを強くおすすめします。

何故なら、もちろんその記事が全て正しいとは限らないのと、その記事が古かった場合は現状と変わっている部分が沢山あるかもしれないからです。

なので、あくまでも日本語のサイトなどは参考程度にして自分で英語で情報を得る癖をつけましょう!(特にビザ関係!

正しい情報を得よう!Bye!