JUST BLISS

カナダ・アメリカ留学、英語、奨学金、NBA、ATなどのお話。

カナダで銀行口座開設【Bank of Montreal】

f:id:glorykn-aug8:20190727105446j:plain 

Hi!時差ボケじゃないけど単純に昼夜逆転している今日この頃みなさんいかがお過ごしでしょうか。

今回はカナダのBank of Montreal(通称BMO)で銀行口座を開設して、30分くらいであっという間にできたので、そのことについてシェアしていきたいと思います。

何故、カナダの五大銀行の中からBMOを選んだのか、そして口座開設の際に必要だった物、手順などを中心に書いていきます。

関連記事はコチラ!

 SINは必要だよ!

まず、どこの銀行口座開設にもSIN(Social Insurance Number)が必要になってきます(多分)

まだSINを取得していない方は前回の記事を読んでみてください!

時間帯が良ければ10分くらいで取得できます。

 

 

 BMOを選んだ理由

まず、カナダには五大銀行というのがあります。

・Royal Bank of Canada(RBC)

・TD Canada Trust(TD)

・Bank of Montreal(BMO)

・Bank of Nova Scotia(Scotiabank)

・CIBC

の5つになります。

なんか、カナダ国内だけではなくアメリカにも進出したりもしているらしくて、NBAのボストンセルティックスのアリーナはTDガーデンだったりします。

 

とりあえず、カナダで最初に口座を開く場合はこの5つの中から選んでいけば安全だと思いますが、自分が何故BMOを選んだのかを説明していきます。

 

 1つ目の口座はオンラインバンクじゃないのがよかった

五大銀行は全部支店があって何かあった時に支店に行ってスタッフに対応して貰えばいいのですが、オンラインバンクだと支店がないので全て電話対応になります。

 

オンラインバンクのTangerineは年会費無料でワーホリの方にオススメされていたりしますが、全部英語での電話対応だと何かあった時に少し心配だと思います。

 

また、オンライバンクだと手続きもオンラインなので簡単ですが、デビットカードとかが郵送で送られてくるので、口座開設からカードを使えるまで少し間が開いたり、最初にまだ長期で済む物件が決まっていなかったら、開設しにくいと思います。

 

その点、支店がある銀行だと何かあった時は支店に行って対応してもらえるし、その場でデビットカードを発行してくれてその日から使えるので便利です。

 

 ワーホリだと初年度は口座維持費無料

基本的にどこの銀行も口座の維持費に10〜15カナダドル/月とかかかるか、口座にある程度(4000カナダドルとか)お金を常にキープしていないと維持費が無料になったりしません。

 

もちろん、自分はカナダ渡航当時は本当にお金がなかったので維持費にお金を取られたくありませんでした。

 

そこで、色々と調べていったところBMOのPerformance planだと本来15.95カナダドル/月かかる維持費がカナダに最近5年間で来た人は初年度の12ヶ月は無料になるサービスがありました!

しかも、デビットカード・ATMの利用も無料だったりするのでホームページで確認してみてください。

https://www.bmo.com/main/personal/bank-accounts/performance-plan/

これはほとんどのワーホリの方が当てはまることだと思うのでぜひ活用してみるといいかもしれません。

 

また、最初の12ヶ月以内に口座を閉じても特に違約金なども発生しないと自分が開設したときにスタッフが言っていたので安心です!

 

 Milwaukee Bucksのビッグスポンサー

自分はトロントにいるのに前にMilwaukeeに住んでいたこともあって、Milwaukee Bucksのファンなのですが、銀行開設の際にこの話になり、BMOがBucksのビッグスポンサーになっていることを聞きました。

言われてみればBMOのマークにとても見覚えがあるなぁと思っていたら、そういうことだったんですね笑

 

ファンとしては応援しているチームのスポンサーは推していきたいですね。

まぁこれは後付けの理由ですが笑

 

カナダで銀行口座開設+裏ワザ!!五大銀行の比較など - 人より1.5倍得する人生

ちなみに自分がカナダで口座を開設するにあたって、とても参考になった先人の方のブログがあるのでご紹介しておきます。

 

 

 自分が行った場所(バンクーバー)

さて、というわけでBMOの口座を開設しようと決めて、実はSINを取得した後にすぐに銀行に向かいました。

バンクーバーでSIN取得【ワーホリ・必要な物・手順】 - JUST BLISS

SINを取得したSinclair Centreから歩いて10分もしないところにバンクーバーのメインのBMO支部のがあるのでそこで口座を開設しました。

f:id:glorykn-aug8:20190727084533p:plain

f:id:glorykn-aug8:20190727084908j:plain

とても綺麗な建物でした!

 

 手続き

まずは入り口に入ると綺麗なお姉さんがお出迎えをしてくれて、何しにきたのかを聞かれました。

そしたら「I would like to open my bank account.」とか言えばすぐに案内してくれます。

 

その後に、エスカレーターで下に連れていかれて、ソファーで少し待ってて!と言われますが、30秒くらいで男性が来て個室で手続きが始まりました。

 

 必要な物

口座開設時に必要な物

・SIN

・ID(パスポートなど)

・現住所(一時的な場所でも大丈夫)

・カナダでの電話番号(開設の時はなくても大丈夫)

・メールアドレス

になります。

 

現住所は引っ越ししたら、オンラインで変更できます。

カナダでの電話番号もその時になかったら、銀行支部の電話番号が登録されて、電話番号を取得したらオンラインで変更してねと言われました。

 

 オンラインバンクアカウント作成

オンラインでも残高確認したりアプリで小切手を受け取ったりするために、オンラインバンクのアカウントも設定してくれます。

その際に秘密の質問みたいな感じのを3つ作成するので答えをされないようにしましょう。

 

ちなみにBMOのアプリをダウンロードするにはiPhoneの場合、apple storeのアカウントの地域をカナダにしないといけません。

 

 PINコード設定

そんなこんなで30分も経たないうち口座の開設手続きもオンラインバンクアカウントの作成も終わりました。

(恐らく自分がアメリカで口座を開いたことがあったので、カナダとアメリカはほぼ一緒だよ!ってことで結構簡単な説明で終わったのもあると思いますが笑)

そして最後に個室の外にあるATMでデビットカードのPINコード4桁を設定します。

 

その場でデビットカードや銀行のTransitナンバーなどが書かれた紙をもらって終了です!

(ちなみにデビットカードはMastercard debitになります)

 

 

 まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はバンクーバーのBank of Montrealでの口座開設についてシェアしました。

1年間口座維持費が無料なので、ワーホリの方などは候補に入れてみるといいと思います!

 

ちなみに自分はお金を日本円で持って来てBMOで両替する予定でしたが、銀行の方にダウンタウンの両替所の方がレートがいいからそっち行ってきな!と言われたのでVBCE(Vancouver Bullion & Currency Exchange)で両替して、BMOの口座に入れました!

おそらくそのやり方が1番レートが良いやり方だと思います!(たぶん笑)

銀行口座を開設したら次はSIMカードの購入!Bye!